美味しいもの・きれいなもの・可愛いもの大好き♪ 
by sorade-su
お疲れ様!そして安らかに・・・
2016年 02月 26日 *
ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

今月の7日の日曜日、夜遅く父が他界しました。76歳でした。

母から「お父さんの様子がおかしい」と連絡があったのは、1月末、アンサンブルコンテストからの帰り道でした。
すぐに入院。
できるだけ家にいたいと言う父の希望もあり、暮れあたりから訪問看護士さんに助けていただきながら自宅療養していましたが、いよいよ限界だったのでしょう。
自分から、「ちょっと病院へ行ってみるかな」って。
入院間もなく、酸素吸入、起き上がるどころか、飲み込む力もなくなってしまったため何も食べられず、寝たきり・点滴だけとなってしまいました。

それでも父は私たちが行くと、「よう!」と手をあげ、笑いかけてくれました。

日に日にやせ細っていく父でしたが、こちらの言うことには頷いたり、時には首を横に振ったり、力強く手を握り返したりしてくれていたんですけどね。
意識がなくなったのは、亡くなる4日前でした。
父の最後の言葉は、(と言っても、しゃべることができなくなっていたので、紙に書いたものですが)
「ありがとう」でもなく、「お母さんを頼む」でもなく、「お腹が空いた。いつも食べとったピーナッツをぬったパンが食べたいです」でした(^-^;
お父さんらしい^^
食べさせてあげられいのが切なかったです。

最期は、静かに眠るように、息を引き取りました。

そして11日、雲ひとつない青空の下、無事に父を見送ることができました。
そう言えば、父と出かけるときはいつも晴れてたなあ。

父が最初にガンを患ったのは1996年の2月、大腸ガンでした。ちょうど20年前です。
それから、胃がん、膀胱がん、そして肺がんと、父のこの20年はずっとガンとの闘いでした。
それでも父は、一度も落ち込んだり、不安を口にすることなく、常に明るく前向きに、病気と向き合っておりました。
その姿に私たち家族は逆に助けられ、勇気と希望を与えてもらいました。
d0172270_9402552.jpg
d0172270_9403539.jpg
写真は、4年前肺がんの手術を受けてから2ヶ月後、グランドに立つ父の姿です。
昭和47年から、昨年の秋まで父は野球の審判をしていました。
見に行くと、ストライ!!アウト!!と父の大きな声が球場に響き渡っていました。
大病しているにもかかわらず、炎天下で球児たちに負けず劣らず一生懸命な父の姿を見ては、自分の父ながらも感動したのを覚えています。

県野球連盟・支部の理事長、現職だったらしいです(知らんかった(^-^;)

告別式には400名ほどの大勢の方々がご会葬くださいました。私たち、父を少し見くびっておりました(^-^;
にぎやかく見送ってもらって父も嬉しかっただろうと思います。

d0172270_16464319.jpg
人が好きで、動物が好きで、花が好きで、野球が好きで、歌が好きな、優しい父でした。

肺がんの転移が見つかったとき、もってあと1年と言われてから4年。
入院したとき、あと3日と言われてから2週間、今夜が山と言われてから4日、父は頑張ってくれて、私たちにお別れの時間を与えてくれました。
それでもやっぱり悲しいです。寂しいです。
もっとああしてあげればよかった、こうしてあげればよかったって思いでいっぱいです。

時が癒してくれるのかなあ。
by sorade-su | 2016-02-26 22:00 | 日常 | Comments(6) *
Commented by suzu-kinako at 2016-02-27 10:50
soraさん、暫く更新していなかったのでどうなさったのかな~って思ってました。
この度はお父様、ご愁傷さまでした。
記事を読んで泣けてきました。
とっても素敵な生きざまを教えて下さったと感じます。
いつも前向きに病気と闘っていた姿、どんなにかお辛かっただろうと思うと私まで胸が痛みます。
でも、ご家族に見守られて素敵な人生でしたね。
野球の審判、私も高校球児の応援に行きますが、審判の声は素晴らしく球場に響き渡り、瞬時の判断は見事です。
きっと遠くからご家族の事、球児のグランドでの活躍を見守っていると思います。
素敵なお父様の娘のsoraさんが羨ましいです。
暫くは寂しいでしょけど、残されたご家族の皆さんが元気で過ごされる事が一番です。
取り留めもないコメントで失礼します。
Commented by vinojapon at 2016-02-28 14:50
soraさん、お父様の件はご愁傷さまでした。
多くの方がご葬儀に参列されたのですね。お人柄が偲ばれます。

私も父を17年前に亡くしているので親が他界する寂しさ辛さはよく分かります。
もっと色々出来たのでは・・・と残された者は悔やみますが、
きっとそうではないのだと最近思うようになりました。
誰にでも寿命があり、いつかはその時は必ず訪れます。中年となった私達にも
それはけして遠い先の事ではありません。
亡くなられたお父様も、soraさんが元気で毎日過ごされることを望んでいらっしゃるでしょう。

今はまだ、哀しく辛いお気持ちが募るのは仕方のない事です。
でもやがて必ず、だんだんと時がその寂しさを癒してくれます。
もう春ですね・・・。
Commented by tetsuro-w at 2016-03-09 08:42
すでに1か月近く経過してしまいましたが・・
お父さまのご逝去、心よりお悔み申し上げます。
今年のお正月もご家族でお元気で迎えられたとのことで
安心致しておりましたが、
お身体がおつらいのを表に出さずに
ずいぶん頑張っておられたのでしょうね。
癌の転移が発覚されてからも
野球の審判を続けたり、
お孫さんも一緒にご家族で楽しく旅行へ行かれたり、
精力的に人生を生き抜かれましたね。
そんな闊達なお父さまがおられなくなって、
ご家族のご心痛も計り知れず大きいものと
お察し致します。

私の父が亡くなってから、
早くも6年半が経ちますが、
私の父もsoraさんのお父さまと同じく
最期まで全力で人生を生き抜いた人だったので、
今でも家族の心の中に元気で生きていて、
つらい時や苦しい時には力強く励ましてくれます。
ご心痛が癒えるのはもう少し時間が掛かると思いますが、
きっとお父さまはずっとご家族の傍に居て
頑張ってるsoraさんを応援し続けて下さることでしょう。
お父さまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


Commented at 2016-03-20 21:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by arak_okano at 2016-03-21 11:57
大変遅くなって申し訳けありません。
お父様のご冥福をお祈りいたします。
辛いと思います、でも、元気でいて
くださいね、桜も咲きます、浄土の
お父様も一緒に花見をしてくれますよ。
Commented by sorade-su at 2016-12-26 14:24
コメントをくださった皆様へ・・・
せっかくコメントをくださったのに、お返事もせず申し訳ありません。

別れのときがいつかは来るってわかっていても、
父を死を受け入れるのに、かなりの時間が経ってしまいました。
ようやく、父のいないことに慣れ、涙しないで父のことを語れるようになりました。
常に前向きで、人生を思いっきり楽しんでいた父の生き方を見習って、私も日々暮らしていけたらな~って思っています。

温かいコメント、本当にありがとうございました。
<< 1年を振り返る・・・① ページトップ とっくにあけました(^-^; >>
The Original by Sun&Moon