美味しいもの・きれいなもの・可愛いもの大好き♪ 
by sorade-su
ご報告
2017年 02月 08日 *
今月の3日に、最愛のおばあちゃんが亡くなりました。97歳でした。

インフルエンザにかかって弱っているところへ届いた、突然の訃報。
インフルではすぐに会いに行くこともできず、やきもきするばかり。
でも、外出禁止がトケ、お通夜にはでることができました。
そして6日、無事見送ることができました。

斎場入口の通路の両側には、私がとったおばあちゃんの写真がたくさん飾られました。
d0172270_18265610.jpg
どの写真も、おばあちゃん微笑んでいます。
d0172270_1827858.jpg
卒寿のお祝いのときに作成したおばあちゃんの写真集も置かれ、参列してくださった方々に見ていただきました。
d0172270_18283736.jpg


働き者で、いつもにこにこ笑っていたおばあちゃん、私の自慢のおばあちゃんでした。
おばあちゃんの笑顔は、私たちみんなを幸せにしてくれました。
あの優しい笑顔にもう会えないなんて・・・。
d0172270_18272497.jpg

90過ぎて車にはねられ大けがしたときも、全身麻酔で大腸がんの手術をしたときも、昨年の暮れに肺炎になって入院したときも、見事に復活したスーパーおばあちゃん。
お正月に会ったときは、普通に元気だったのに。
d0172270_18273182.jpg
d0172270_18273413.jpg
最期は眠っている間に逝ってしまいました。
3日の朝、起きたら息をしていなかったんだって。
理想的な人生の幕引きだよね。

最期の最期まで、あっぱれなおばあちゃんでした。
d0172270_16544193.jpg
d0172270_16545340.jpg
d0172270_1654581.jpg
d0172270_1827386.jpg
d0172270_18274412.jpg
d0172270_18283249.jpg
d0172270_16552646.jpg

d0172270_16555878.jpg


おばあちゃん、ありがとう。そしてお疲れ様。
ゆっくり休んでね。(↓この写真が、遺影となりました)
d0172270_1702073.jpg
でも、あまりに突然の別れで、まだ信じられません。

おばあちゃんがもし死んじゃったら、私はもう立ち直れんて思っていたのに、ちゃんとご飯も食べれてるし、仕事にも行けてます。
なんかね、心が、感情が、まだ悲しみに追いついていないみたいです。
by sorade-su | 2017-02-08 20:28 | 日常 | Comments(20) *
Commented by suzu-kinako at 2017-02-09 13:54
soraさん、久しぶりにブログ訪問したら・・・・・
なんて言ったらいいのか言葉が見つかりません。
いつもsoraさんが撮るおばあちゃんの笑顔の写真が好きでした。
写真撮る腕もいいのでしょうけど、おばあちゃんの笑顔は最高でしたね。
ちょっと私の祖母と似ていたの・・・・だから余計好きでした。
一度お会いしたいな・・・・・・って勝手に思ってました。
ご愁傷様です。
Commented by ヨシノ at 2017-02-09 18:03 x
眼科にくるお年寄りはみんながみんな口をそろえて「早く死にたい」って言うのよ。
でもおばあちゃんは違ったもんね。
毎日が充実してるんだろうなぁってそらちゃんが撮る写真見るたびに思ってた。

時間が経つにつれて悲しみがどおーんと襲ってくるかもしれないけど、それだけおばあちゃんのこと大好きだったんだから仕方ないよね。
病み上がりだから体力つけて立ち向かわなければね。
ふぁいとですよっ!!

追伸
連絡、ありがとね。
Commented by pata2angel at 2017-02-09 18:30
今、読ませていただきました。
そうだったんだね。。
最期は眠っている間に…
色々な最期を見てきたので思うけど
本当に理想的な幕引きで…すごいなぁって思うよ。
おばあちゃんの数々の笑顔のお写真
あらためて本当に素敵です。

私は父が、そういう存在で
いなくなったら私はどうなるんだろうと
思っていたけど、今も私は変わらずに
笑いながら生きています。
少しずつ元気を出してね。
遠くから応援しています。

Commented by vinojapon at 2017-02-09 19:59
お婆様の件、ご愁傷様です。
最期は眠るように逝かれたのですね。
周りの皆に好かれていた素敵なお婆様を失われたのはとても
寂しく残念なことですが、97歳までご家族に囲まれ、ご本人も
お元気で・・・素晴らしい人生だったのではないでしょうか。
自分も年をとれば、親やその上の世代は更に年をとっていきます。
言葉では理解できても、やはりあの世に逝ってしまうのは
寂しいですね。
でもきっと、またいつか、けしてそう遠くない未来に
あちらの世界でお会いできます。
それまで私達も頑張っていきましょう。
Commented by yu-yu1117 at 2017-02-09 22:53
97歳、大いなる人生でしたね。
お若い頃の壮絶なお話も以前拝読しましたが、
晩年はたくさんの家族たちに囲まれてきっととってもお幸せだったと思います。
soraちゃんの撮るおばあちゃんの写真、どれも最高でした。
今でも覚えてるのが、おばあちゃんと曾孫ちゃんが並んで歩く後ろ姿。あれなんかホント最高で。一生こんな写真撮れないなってすごい思った。

とっても悲しいと思うけれど、ゆっくり元気出してね。

Commented by bera-sakuraebi at 2017-02-14 23:10
soraちゃんのおばあちゃんの写真、好きでした、とても。
いつも良いお顔で微笑んで、お日様みたいな方でした。
恒例のバーベキュー、寂しくなるね。
沢山のお孫さんやひ孫さんに囲まれて、幸せそうでしたね。
最後までしっかり生きて、花が萎むように永眠されて。
素晴らしい大往生。
かくありたい。

合掌
Commented by sorade-su at 2017-02-15 10:16
♪suzu-kinakoさん・・・
おばあちゃん、あまりに突然だったので、いまだに信じられません。
もう、生ききったって思ったんでしょうか。
眠っている間に逝ったと聞き、おばあちゃんらしいと思いました。
私も、おばあちゃんを撮るのが好きでした。
いつも笑顔でした。
suzu-kinakoさんのおばあちゃまと似てましたか。
なんか嬉しいです。
いつもおばあちゃんに対して嬉しいコメントをありがとうございました^^
Commented by sorade-su at 2017-02-15 10:25
♪ヨシノさん・・・
田んぼに入れなくなった去年あたりから、おばあちゃんもたまに、「そろそろおじいま、迎えに来てくれんかな~」って言ってたんだよ。
畑の草取りも思うようにできなくなってて・・・。
スーパーおばあちゃんでも、やっぱ足腰弱くなってきたんだな~って思ってたの。
でも、100歳までは!って私たちみ~んな思ってたから、あまりに突然の別れにまだ茫然としてるよ。

私も健康には自信があったんだけど、今年に入って胃腸炎やインフルエンザにやられ、風邪もひきやすくなってるの。
年とってきたんだなあ~って、思わざるを得ないよ(^-^;
今はちょっと弱ってるけど、春までには元気を取り戻そうと思ってます。
コメント、ありがとね♪
Commented by sorade-su at 2017-02-15 10:38
♪ふみちゃん・・・
ありがとう。
最期は眠っている間に逝くって、見事な人生の幕引きだよね。
おばあちゃんらしい・・・。
いつも笑顔で、「オレは幸せだ」って言ってたおばあちゃん。
おばあちゃんが幸せでおってくれて、本当に嬉しかった。

おばあちゃんがいなくなったら、絶対に立ち直れないって思ってたんだけど、
私も変わらずにご飯しっかり食べてるし、笑ってる。
これでいいのかもしれないね。
Commented by sorade-su at 2017-02-15 11:04
♪quesoさん・・・
ありがとうございます。
あまりに突然の別れでした。
みんなに愛されていたおばあちゃん、もうあの笑顔が見られないなんて、本当に寂しいです。
でも、いつも元気だったから気にしてなかったんですけど、
もう97歳だったんですよね。
私たちがこの年まで生きるには、まだ50年も生きなくちゃなりません。
絶対にムリ・・・(^-^;
おばあちゃん、本当にお疲れ様でしたって、心から言ってあげたいです。
おばあちゃんのように、幸せだって思える老後を過ごせるように、頑張らなくてはねー。
Commented by sorade-su at 2017-02-15 12:24
♪ゆうゆうさん・・・
ありがとうございます。
父もそうだったけど、おばあちゃんも良い人生だったと思います。
おばあちゃん、「オレは幸せだ」って言っていつも笑顔でした。
若いころ苦労したとしても、晩年になって幸せって思える人生っていいな~って
いつも思ってました。
元気で、生涯現役!私もそんな人生を送りたいな~。

おばあちゃんを撮るのが大好きでした。
まるでストーカーのように撮りまくってたかも^^
その写真、覚えてる~~!
あの写真は、ほのぼの感が出てて私も好きでした。
ちょっと引っ張り出してきてみようっと!
Commented by sorade-su at 2017-02-15 12:49
♪さくらえびさん・・・
ありがとうございます^^
おばあちゃんの笑顔は本当に優しくて温かくて、いつも私たちを幸せな気分にしてくれていました。
もうあの笑顔に会えないなんて、本当にさびしくてたまりません。
バーベキュー大会も、いつもおばあちゃんが中心にいたから・・・。
でもおばあちゃんの家族・親族仲良くっていう思いは、私たち孫やひ孫に受け継がれているから、
主役がいなくなっちゃっても、バーベキュー大会はきっとこれからも続いていくと思います。

私も笑顔で人生を終えられるような、そんな生き方がしたいです^^
Commented at 2017-02-17 10:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanako-729 at 2017-02-17 14:43
soraさん、こんにちは
いつも笑顔のおばあちゃんが・・・そうでしたか。
最後は眠るように、97歳大往生でしたね
いつもたくさんの家族に囲まれおばあちゃんも
幸せだったでしょうね!
soraさんが撮った笑顔のおばあちゃんの写真は
大切な宝物ですね。
心よりご冥福をお祈りいたします。
Commented by sorade-su at 2017-03-01 12:33
♪nanakoさん・・・
こんにちは。
お返事が遅くてごめんなさい。

おばあちゃんが亡くなってもう1ヶ月が経とうとしています。
大往生でした。
おばあちゃんの笑顔に会えるのは、もう私が撮った写真でしかなくなってしまいました。
どの写真のおばあちゃんも笑っています。
いつでもすぐに会えるように、写真集パート2を作りたいと思っています^^
ありがとうございます。
Commented at 2017-03-01 18:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sorade-su at 2017-03-21 12:11
2017-02-17 10:45の鍵コメ様・・・
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

コメント、ありがとうございました。
おばあちゃんのことを思うたびに涙がでそうになります。
思い浮かぶのは、写真の通りの笑顔ばかり。
本当に優しくて可愛いおばあちゃんでした。
大好きでした。
写真をたくさん撮っておいてよかったです。
いつでもおばあちゃんの笑顔に会えますからね^^

Commented by sorade-su at 2017-03-21 12:18
♪2017-03-01 18:02の鍵コメ様・・・
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
ご無沙汰をしています。
温かいコメントをありがとうございました。
おばあちゃん、100歳を待たずに旅立ってしまいました。
もうすぐ、毎年恒例のBBQ大会の日が来きますが、
もうおばあちゃんはいないんだな~と思うと、本当に淋しくて悲しいです。

お引越しをされたのですね。
ご連絡、ありがとうございます^^
Commented by tetsuro-w at 2017-03-23 23:40
私のブログにお久しぶりのコメントをいただき、
ありがとうございます。
しかし、おばあちゃんがご逝去されたとのこと
私も大きなショックを受けました。
だいぶ遅くなってしまいましたが
心よりお悔やみ申し上げます。
おばあちゃんのお元気な御姿を拝見して
とてもやさしい笑顔に私もいつも
元気をいただいておりました。

最期はあまりにも突然だったとのことですが、
静かに眠ったまま旅立たれたとのこと、
いかにもおばあちゃんらしい
お見事な大往生でしたね。

soraさんに撮影してもらった
たくさんの素敵な笑顔の写真を
お別れの会にいっぱい飾ってもらえて
おばあちゃん、とても喜んでおられると思いますよ。

一日も早くsoraさん、ご親族様のご心痛が癒えますように
おばあちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Commented by sorade-su at 2017-03-28 11:06
♪tetsuroさん・・・
温かいコメントをありがとうございます。
おばあちゃん、100歳までは元気でいてくれるものと思っていたので、
突然の別れに、ただただ茫然。
いまだに、おばあちゃんがいないことに慣れずにいます。

ここ1年くらい前から、「そろそろ、おじーま迎えに来てくれんかな~」って言っていたので、
おばあちゃん的には、もう充分生ききったってことだったのかな~と。

おばあちゃんは、私の最高のモデルでした。
斎場の方も、この年代の方でこんなに写真がある方は初めてです、と驚かれていました。

おばあちゃんがいなくなったら、私はきっともう立ち直れないって思っていましたが、
ご飯もちゃんと食べれるし、変わらず笑って過ごせています。
ブログも再開したいと思っていますので、またよろしくお願いします。
<< 北陸カニツアー ページトップ 1年を振り返る② >>
The Original by Sun&Moon