美味しいもの・きれいなもの・可愛いもの大好き♪ 
by sorade-su
カテゴリ:旅 北海道( 13 )
*
*
2010年 12月 18日 *
さる山で、まだ昼食を食べてないことに気づいた私たち・・・でももうレストランに入って食べる時間は無し。
結局、露店でホットドックを買って、寒い中外で食べました(悲)
d0172270_16373130.jpg
めいっぱい遊んでしまったので、この階段を駆け上がった私たち・・(ゼェゼェ)集合時間には、ギリ間に合いました。

ほとんどの動物を見ることができましたよ。

オオカミの森では、寝ているオオカミたちに会い・・・
d0172270_16412596.jpg
その隣の檻で区切られただけのところには、エゾシカが・・・。
d0172270_1643569.jpg
昔の北海道にはこのようにオオカミとエゾシカが共存していたということを、イメージしているんだそうです。
d0172270_1643980.jpg
その昔、北の大地にたくさん住んでいたオオカミを絶滅させたのは、人間たち・・・。
天敵だったオオカミが居なくなったことで、増え続けたエゾシカが農作物を荒すなどして、結果今、人間界に害を及ぼしている。

「オオカミの森」は、ただ見るのではなく、たくさんのメッセージを感じてほしいと願いを込めて作られたそうです。

d0172270_16534463.jpg
d0172270_16535070.jpg
d0172270_16535937.jpg
今度来るときは、もっとゆっくり見て歩きたいな。

動物園を後にした私たちは、空港へと向かいます。
途中、札幌に入ったあたりで見た夕陽がとってもきれいで・・・。
d0172270_16564047.jpg
d0172270_16565679.jpg
d0172270_1657084.jpg
d0172270_1657495.jpg
d0172270_1658253.jpg
(注:時計台ではないです。途中で立ち寄ったお土産屋さんです)

空港では、出発までに1時間30分ほど時間があり、私たちは夕飯を食べることに・・・北海道、最後の晩餐です。
空港内にあるお寿司屋さんへ。

昼食を思いっきり食べられず、お腹がぺこぺこだった私たちは、蟹ちらし丼と、
d0172270_1781858.jpg
いくら・ウニ丼(最後にどうしても、いくらとウニを食べておきたくて・・・)と、
d0172270_17365561.jpg
貝づくしのにぎりを注文!
d0172270_17381415.jpg
ホタテに鮑に・・・あとなんだっけ? 

どれも本当に美味しかった。あぁ、帰りたくない・・・(T^T)
d0172270_17404650.jpg
お腹がいっぱいになった後も、まだ時間があったので、ショップをぶらぶら。
行く先々で、ロイズだのルタオだの生チョコの試食をさせてくれて・・・
わたくし、ちょっと気持ち悪くなりました。チョコの食べ過ぎ(;^_^A

そしてまた鉄の塊に乗って、びゅ~んと帰ってきました。セントレア空港に近くなったときに見えた夜景がきれいだったなぁ。
3日間なんて、あっと言う間。楽しくて、美味しくて、本当に良い旅でした。

ようやく旅行記もこれで終わりです。(年内に、北海道から帰って来られてよかった!)
お付き合いいただいて、ありがとうございました。
2010年 12月 16日 *
今日はお休みです。
うちの会社、土曜日も営業することになり、交代で出勤するので、土曜に出勤した分、平日に指定休をとらないといけないんです。
平日にお休みって、なんかうれしい!

今日はこれから、同じく今日が休みという母と、おばあちゃんを誘ってランチに行ってきまーす!
レス&訪問は、帰ってきてからゆっくりさせていただきますね。

さて、度は、牡蠣をいただきました!v(≧∇≦)v

これでも、半分です。
d0172270_15235768.jpg
半分は、バターとガーリックと一緒にオーブンで焼き、翌日もう半分は、グラタンにしてみました。
d0172270_15241046.jpg
他の具は、しめじとほうれん草と鶏肉でシンプルに。

グラタンとかドリアとか、うまく出来た試しがなかったんだけど、なんとか美味しくできました。
牡蠣ちゃん、ぷりっぷり♪
d0172270_15252531.jpg


旭山動物園、今日はおサル編です!!

まずは、可愛い自販機で、温かいお茶をゲット。
d0172270_15262944.jpg
まずは、オランウータン館。こんな立派な遊具があるのに、外では遊んでおらず・・・
d0172270_1535017.jpg
屋内展示室でも、ぐった~~~ってなっているオスしか見られず、残念。
実は、2007年7月に産まれた子供のオランウータン・森人会いたかったんだけどな。
飼育係のお姉さんに聞いたら、午後2時過ぎに見られますって。それじゃ、ダメなんだよぉ。
集合時間を勝手にねつ造しちゃダメ!って、バスガイドさんに言われているんだから。泣く泣く退散。
(可愛い森人くんの姿は、tetsuさんの「北の街の写真館」で見られますよー!)

次にテナガザル館。 シロテナガザルも寒さが苦手らしく、冬は屋内展示場でしか見られないとのこと。
でも屋内展示場は、ガラス一枚で区切られているだけなので、間近で見ることができましたよ。
d0172270_15443934.jpg


チンパンジー館・・・チンパンジーも冬の間は、外では見られないそうです。
北海道の寒さは、やっぱり動物たちにも厳しいんだね。
チンパンジーたちも、屋内展示場で元気に遊んでいました。
d0172270_15584865.jpg
子供がいたよ。可愛かった~~!
d0172270_1559698.jpg


やけに人間ぽいんですけどー。こういう男の人って、いるよね?いね~か・・・。
d0172270_155939100.jpg


そしてさる山・・・さる山は高いところにあり、とっても見晴らしがよかったです。
d0172270_1605746.jpg
さる山って、なんか落ち着く(笑)
d0172270_162412.jpg
d0172270_1624711.jpg
d0172270_1625633.jpg
d0172270_163163.jpg
ここなら、何時間でもいられそう。
d0172270_163536.jpg
でも、集合時間が迫っていて・・・あ゙ーーーーーー!!うちら、まだ昼食を食べてなーい!!щ(´□`)щ オーマイガーッ!!
2010年 12月 14日 *
この間、高知産カツオのたたきを頂きました!
d0172270_13324923.jpg
せっかくなので、ぶ厚く切ってみました!
生姜、にんにく、大葉、玉ねぎスライス、ネギと薬味たっぷり、ゆずぽん酢で頂きましたよ。
ここでもゴルゴは、「オレは違いの分かる男だ!」を発揮。
こちらで売られているカツオのたたきは、あまり好んで食べませんが、これががつがつ食っとりました。
生臭くないんですよね。本当に美味しかったです!ヽ(*^。^*)ノ

さて、旭山動物園の続きです。
d0172270_13555245.jpg
あざらし、ホッキョクグマと見た私たちは、ペンギン館へ。

キングペンギン・・・ペンギンてさ、なんでこんなに可愛いんだろうね(*^m^*)
d0172270_1347751.jpg
でも子供はちょっと、ふてぶてしかったな(笑)
d0172270_1348172.jpg
図体も、親と変わんねーし!ヾ(´▽`*)ゝ 目つきも悪っ!(笑) でも、このもこもこ感はたまんない。
d0172270_13485453.jpg


イワトビペンギン・・・格好いい髪型してるね。立ち姿もなんとなく色っぽい(*^m^*)
d0172270_13494974.jpg


ペンギンにかじりつきで見ているおいさん発見!
d0172270_13521173.jpg
子供が来ても、場所を譲ってあげません・・・おい!
d0172270_13524620.jpg
そんなおいさんが撮った写真はこんなんでした。
d0172270_1354855.jpg
d0172270_13543726.jpg


さぁ、次はもうじゅう館です。 

外の気温は、ただ今4℃。でも風が冷たくてさっぶい!
d0172270_1357449.jpg
アムール・ヒョウさんも寒そう・・・
d0172270_1405767.jpg


今年の干支さんは・・・
d0172270_142990.jpg
おーい、やる気出せ!!

ヒグマさんよ、おまえもだ!
d0172270_1425367.jpg
なんか、同僚のハナちゃん(♂)を見ているようだな・・・。

カメラ目線のライオンさんは、すっごい迫力だったけど。
d0172270_1445196.jpg


次は、吊り橋で有名になったレッサーパンダ。
d0172270_147315.jpg
おっ!渡る?って思いきや・・・
d0172270_1473618.jpg
すぐに寝る体勢に・・・。渡ってるとこ、見たかったんだけどなー!!でも、この可愛い顔を見せてくれただけでも、まだいいんだって。
d0172270_1481387.jpg
一緒に行った方たち、寝ている姿しか見られなかったらしいから。
d0172270_1484086.jpg


まだまだ続きます^^
2010年 12月 13日 *
この間、2歳になる甥っ子と、もうすぐ5ヶ月になる姪っ子に会いに行ってきました。
甥っ子には、ふみちゃん作の絵本を持って。
d0172270_14512491.jpg
早速、ゴルゴおじちゃんの膝に入って、読んでもらってました。
とっても可愛らしい絵本です。
ちゃんと、「おはよう」「こんにちは」「おやすみなさい」「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」
「ごめんなさい」って言える子になるんだよ。
歯磨きもちゃんとしないとダメだぞ。おむつも早くとれるといいね(*^m^*)

まだ片言の日本語しか話さない甥っ子だけれど、こんなに大きくなりました。
d0172270_1451521.jpg
妹を撮ろうとすると、さりげなく邪魔をします。可愛い焼きもち(*^m^*)
d0172270_14521560.jpg
はい、みんな一緒に撮るよ~~!はい、笑って~~!
d0172270_14523482.jpg
おじちゃん、笑いすぎ。

姪っ子は、よく肥えてとっても健康的。きゃっきゃきゃっきゃと、もう声をあげて笑います。
d0172270_14525176.jpg


お兄ちゃんも、焼きもちはやくけれど、妹のことは可愛い様子。
d0172270_14532186.jpg
仲の良い兄妹に育ってほしいな~。

さて、北海道最終日です。朝8時にホテルを出発!
朝からとっても良い天気で、青空が広がっていました。
d0172270_15395777.jpg
最終日のバスの座席は一番後ろ。バスガイドさんも遠いし、途中ちょっとうとうと。
ふと目が覚めたら、なんと雪景色!
d0172270_15405748.jpg
前日の夜に降ったらしいです。

2時間ちょっと走ったところで、目的地に到着!最終日の観光は「旭山動物園」ずっと、行ってみたかった動物園です。

バスガイドさんが、「いいですか?集合場所は、ここ東門の前です。集合時間は、1時30分ですよ~。」

「飛行機の時間がありますからね。時間厳守でお願いします。もう一度言いましょうか?
集合時間は、1時30分です!!時間を勝手にねつ造しないでくださいね」と、念を押されました^^

見学時間は3時間弱・・・私たちは、まず一番見たかった動物から行くことにしました。それはこの子たち。
d0172270_15484775.jpg
マリンウェイ(円柱水槽)は有名ですよね。
私もこの水槽に張り付いて見てきました。あざらしたちが頻繁に下から上にと泳ぎ抜けていきます。可愛い~~~!
d0172270_15555764.jpg

でも、以外と泳ぐのが早く、カメラにはおさめられませんでした(;^_^A

外に出て来たら、ちょうどもぐもぐタイム♪
d0172270_1559437.jpg
普段はのっそりとしたイメージだけれど、「餌、ちょうだい」のアピールときたら、結構激しくすごかったです(笑)
d0172270_1602494.jpg
食べ終わったあとのこの満足げな表情! 美味しかったかい?(なんか、自分を見ているようで、とっても親近感♪)
d0172270_1612465.jpg


続いて、ほっきょくぐま館。
本来、旭山動物園には3頭のホッキョクグマがいますが、雌の2頭は出産準備で産室にいるとのこと。
なので、赤ちゃんの父親である、イワンくんしか見ることができませんでした。
d0172270_16111965.jpg
なかなか、凛々しい顔立ちをしているね、イワンくん。
横顔は、とっても優しげです。
d0172270_16121012.jpg
ここでは、ホッキョクグマのダイナミックな飛び込みや泳ぐ姿を間近で観察することができると聞いていたので、
楽しみにしていたんだけど、この日は一切飛びこまず、イワン君、ただうろうろと歩き回っているだけでした。
d0172270_16155730.jpg
d0172270_16163335.jpg
d0172270_16164081.jpg
でも、カメラ目線をくれたので満足♪ 赤ちゃん、無事に産まれるといいね。
d0172270_1611502.jpg
こちらは、アザラシの視線でホッキョクグマを見られると言う、シールズアイ(カプセル)
d0172270_1621244.jpg
残念ながら、ホッキョクグマは見られなかったけどね。
2010年 12月 10日 *
いよいよ冬将軍の到来です。
今朝は氷点下3℃・・・さぶっ これからもっと寒くなるんだから、これで騒いどっちゃいかんのだけど、寒いものは寒い。
初雪も降ったし、そろそろタイヤを換えんと・・・(遅)
いや、その前にスタットレスタイヤを買わんと・・・(;^_^A 
見てもらった結果、今までのはもう無理とのこと。溝がなさすぎだって。
もう一シーズンもって欲しかったな~(溝、自分でほっちゃダメ?) 年末に来て、痛い出費だわ・・・ε=( ̄。 ̄;)フッ

二日目に泊まったのは、お洒落なリゾートホテルでした。
d0172270_1336835.jpg
夕陽を眺めた後、夕飯の時刻までまだ間があったので、温泉へ行くことに。
ゆったり浸かって、さっぱりした後、食事にのぞみました、浴衣姿にすっぴんで!

楽しみにしていた夕食は、ビュッフェスタイル。

オホーツク産の魚介をはじめ、道東の山海の幸がずらりと並びます。
d0172270_134706.jpg
d0172270_13494190.jpg
d0172270_13494827.jpg


オープンキッチンからは、作りたてのお料理が出されます。
d0172270_13501837.jpg
牡蠣や牛のステーキが焼かれている他に、天ぷら、海鮮チゲ鍋なども、料理してくれていました。
d0172270_13512581.jpg
ワインの種類も豊富。
d0172270_13523330.jpg
世界のチーズコーナーもありました。
d0172270_13533281.jpg


私の、まずは一周した戦利品はこちら!!
d0172270_13534097.jpg

チーズや生ハムと一緒に、お刺身をのせちゃうあたり、大ざっぱなO型のなせる技(;^_^A
d0172270_1355552.jpg
これが、2周・3周と続いたころ、各テーブルにセットされてあった牡蠣の釜飯ができあがりましたヽ(*^。^*)ノ
d0172270_14432190.jpg
牡蠣がごろごろ入った釜飯を食べ終わったころ、一人一ザル手打ちの蕎麦が運ばれてきて・・・
d0172270_14451934.jpg
お腹いっぱい!!もうこれ以上は食べられません・・・なんてことはあるわけなく。

だって、スイーツのコーナーも充実してたんだもの(*^m^*)
d0172270_14465573.jpg
d0172270_1447111.jpg


はい、別腹部隊の出動です!
d0172270_14471722.jpg
そして、〆はこれ。
d0172270_14502688.jpg
白玉ぜんざいです。さすが北海道、あずきの美味しいこと!餡だけお代わりしちゃいました(*^m^*)

大満足!!



その後、部屋でまったりしてからもう一度温泉へ。極楽、極楽!

そして朝です。3日目は8時出発だったので、7時に朝食会場へ。朝食は、和洋約30品のバイキング。

またまたオープンキッチンの登場でした。魚を焼いてくれたり、だし巻き玉子を作ってくれたり・・・。
d0172270_1633513.jpg


夕べあんだけ食べたけれど、朝にはちゃんとお腹が空くんです。
d0172270_1643826.jpg
秋刀魚とししゃもが美味しくてお代わり。

この日は、お粥にしました。
d0172270_168399.jpg
そのほか、とろろいも、大根おろしとジャコ、じゃがいもの冷製スープに、烏賊のお刺身・・・
d0172270_16362974.jpg
今日も、私の胃は健康そのもの!!(*^ ^* )V

ゴルゴは、いつでもクロワッサンとバターロール、プレーンオムレツにベーコン・ウインナーと洋風。
(うちでも食べれるっちゅーねん!写真に撮る気にもならん・・・)

さぁ、いよいよ最終日です。
2010年 12月 08日 *
トーフツ湖から宿へ向かう間、ずっと大きな虹が見えていました。
d0172270_15565245.jpg
なんだかとっても得した気分♪
d0172270_15574723.jpg


宿へは、4じ前に到着。2日目にお世話になったホテルはこちら
d0172270_161964.jpg
ホテルの前には、サロマ湖が広がっています。早めに到着したのは、ここから、湖に沈む夕陽を眺めようと言う、添乗員さん・バスガイドさんの配慮でした。

とりあえず、客室へ。おお~~!オーシャンビュー♪
d0172270_1644832.jpg
なんと、望遠鏡がありました。早速のぞいてるゴルゴ。
d0172270_1651874.jpg
何か、おもしろいものは見えたかい?
d0172270_1654549.jpg
遙か遠くに見えた船で、牡蠣の収穫をしているのが見えたそうだ。

湖を見ながら、ほっと一息。珈琲を飲みながら、お菓子を頂く。手作りクッキーもありました。
d0172270_168748.jpg
せっかくだから、外に出て夕陽を見ることに。
d0172270_16104748.jpg
ここにも白鳥がいました!
d0172270_161054100.jpg
d0172270_16115677.jpg
d0172270_1612860.jpg
d0172270_16125024.jpg
夕陽に染まる中の、白鳥のシルエットが美しい。
d0172270_1613567.jpg
d0172270_1614234.jpg
ちょっと雲が邪魔だなぁ~~。真っ赤に染まるところを見たかったけれど、これが限界。
d0172270_1614211.jpg
こちらは、以前訪れたときに見た、オホーツク海に沈む夕陽。きれいだったなぁ。
d0172270_16161990.jpg

d0172270_16165773.jpg
日が暮れて、ねぐらへ帰って行く白鳥たち・・・。
d0172270_1617323.jpg
d0172270_1617792.jpg


おまけ・・・ふたり寄り添うように立っていたハマちゃんご夫妻を隠し撮り♪
d0172270_16185693.jpg
Tさんご夫妻もそうなんだけれど、私たちより一世代上で、お孫ちゃんも何人もいると言うのに、とっても仲がいいの。
Tさんもハマちゃんも、普段くだらないことを言っては、私を笑い・時には呆れさせているけれど、奥さんの前ではいたって紳士♪(*^m^*) 
なんかねぇ、おふたりの新しい一面を見たって感じ。
常に寄り添っていて、嬉しい・楽しい・美味しいことを分かちあって旅をしている姿がとても素敵でした。
(もちろん、出社してから思いっきりからかってあげましたけど(*^m^*))

d0172270_16263711.jpg

2010年 12月 07日 *
d0172270_12543189.jpg
紅葉のアップもようやく終わり、また北海道旅日記に戻りまーす!

待ちに待ったお昼!!冒頭にアップしたのは、烏賊といくら丼!
ご飯が隠れるほど乗っているいくらと烏賊に、テンションMAX。
これ、なんとゴルゴが注文したやつなんです。ゴルゴってば、普段はイクラなんて絶対に食べないのに。

「北海道のいくらは美味しい! オレは、味の違いがわかる男なのだ!!」だそうだ。
 
2日目のお昼は、自由だと言うんで、すっごく楽しみにしてました!

ゴルゴがいくら丼を頼んだので、私はこちらを・・・
d0172270_11114884.jpg
蟹みそラーメンです!北海道へ行ったら、味噌ラーメンも食べなきゃって思っていたからね。
ゴルゴと分け合ってして食べました。

いくらが美味しいのはもちろん、烏賊も甘くて美味しいこと!
味噌ラーメンもうまかったー!こんな美味しい味噌ラーメン、食べたことないかも。もうひたすら感激!(T^T)うるうる

そうそう、これも飲んでみましたよ。
d0172270_11172939.jpg
オホーツクの空・海・流氷をイメージした「オホーツクブルー」とってもきれいな発泡酒です。
オホーツク海の流氷を仕込水に使用してるんだって。ちょっぴり甘口で、爽やかな軽い飲み口でした。
お昼に飲むにはちょうどいいかも。
ビールを水変わりに飲めると言うハマちゃんの奥さんは「物足りん」て、言ってたけど(笑)

お隣に座ったTさんの奥さんのところへ運ばれてきた、スペシャルいくら丼にもそそられました。
d0172270_11254727.jpg


ラーメンのスープも飲み干し、お腹いっぱい満足したあと、出発までまだ時間があったので、海を眺めました。
目の前に、オホーツク海が広がっていたのです。
d0172270_11345681.jpg


この朽ち果てた感のある看板が、さいはての地の雰囲気を醸し出している気が・・・。
d0172270_11341758.jpg
d0172270_11342175.jpg
海無し県民、海を見ただけで大興奮するよ。
d0172270_1137839.jpg
d0172270_11371218.jpg
d0172270_11371755.jpg
晴れてくれたおかげで、青い海が見られて嬉しいな!
d0172270_11373426.jpg


続いて、トーフツ湖です。
d0172270_1230295.jpg
シベリアからの白い使者来てましたよ。

オオハクチョウさん、陸にあがっていました。「ほいっ」って声をかけたら、
d0172270_1235331.jpg
あっこち見た!
d0172270_12323038.jpg

陸を歩いているとこなんて、初めて見たよ。内股でよちよち・・・可愛い♪
d0172270_12344618.jpg
d0172270_124339.jpg
d0172270_12481491.jpg
d0172270_12484913.jpg
白鳥だけでなく、カモさんたちもたくさんいました。
d0172270_1248547.jpg
d0172270_12494357.jpg
d0172270_12495237.jpg
白鳥たちの羽が逆立っているのがわかります?このとき冷たい風が吹いてきて、めっちゃ寒かったんです。
耳がもげそうでした(;^_^A
d0172270_12501779.jpg
厳寒のシベリアの冬を避け、毎年10月中旬に第一陣が飛来し、その後数千羽のオオハクチョウが次々とやってきて、
12月までここで羽を休めるんですって。

その後、本州に向けて飛び立っていき、シベリアへ帰る途中、また3月にここトーフツ湖に舞い戻るそうです。
だったら、また信州で会えるかもしれないね。
d0172270_12513419.jpg

2010年 12月 01日 *
引き続き、北海道の旅日記です。

バスの座席は、添乗員さんが団体ごとに日替わりで決めてくれるんですよ。
1日目は真ん中辺でしたが、2日目は一番前にしてくれました。一番前だと、バスガイドさんの話もよく聞けるし、見晴らしもいい! 
はず・・・なのに、この景色。
d0172270_16402829.jpg
宿を出発してから進むに連れ、私たちのバスは霧に包まれた。
d0172270_1641712.jpg
この日、一番最初の観光バスは摩周湖なのに、近づくにつれ霧はますます濃くなって、やがて何も見えなくなった。щ(´□`)щ オーマイガーッ!!
d0172270_16432637.jpg
この日天気予報は雨だったので、覚悟はしていたものの、摩周湖の影も形も見えないなんて!!
d0172270_1646977.jpg
まさに、霧の摩周湖・・・

でも、私たちは以前訪れたとき、これ以上ないってくらい素晴らしい摩周湖を見ているから、これはこれでネタ的に面白かったんだけど・・・。
d0172270_16484849.jpg
晴れた日の摩周湖は、こちらをどうぞ♪

でもせっかく来たんだもん、これは食べないと!!

摩周湖「霧」ソフト

d0172270_16524982.jpg

ちなみに、以前食べたのはこちら。摩周湖ブルーソフトです。
d0172270_16535877.jpg
霧のソフトは、ブルーカクテルとミルクのミックスです(*^m^*)

摩周湖が全く見られなくて残念だったけれど、みなさん「また来る楽しみが増えたよ~」って。
ガイドさんも、「何度か訪れていらっしゃる天皇陛下でさえ、きれいな摩周湖はご覧になったことはないとおっしゃってますから」
と、慰めてくれた。

そして、次の観光場所は、硫黄山(アトサヌプリ)・・・アトサヌプリとはアイヌ語で「裸の山」と言う意味だそうです。
d0172270_1710385.jpg
残念ながら、山は霧に覆われていて全景は見られなかったけど、噴気孔までは行くことができた。
d0172270_17135914.jpg
d0172270_1714988.jpg
硫黄の噴煙がゴウゴウと音を立ててあちこちから立ち上っている。
d0172270_17141849.jpg
ニオイます。はっきりいって、クサイです。
d0172270_17161470.jpg
でも、目の前で硫黄の噴煙が吹き上げる様は、迫力があり感動。
d0172270_17162633.jpg
d0172270_17163752.jpg

そしてまたバスへ。バスガイドさんによるガイド&トークが続きます。
今までのバスガイドさん、私の体験からよると、途中はビデオを見せたりって、結構放置プレイもあった気がするんだけど、
今回の男性ガイドさん、そんなことは一切なく、ずっとしゃべり続けています。
でも、穏やかで淡々とした口調は、眠いときもちっとも耳障りでなく、むしろ心地良い。それにとにかくおもしろい。
一番前の席で、思う存分楽しませてもらった。

途中にあった、「川湯相撲記念館」
弟子屈町川湯で少年時代を過ごした第48代横綱大鵬幸喜の偉業を讃え、館内に200点あまりの展示物があるそうです。
私たちは、バスから建物をチラ見。
d0172270_17393585.jpg
横綱大鵬って、青い人だったのね(笑)

進むにつれて、だんだん空が明るくなってきた。今日は1日雨って覚悟していただけに、嬉しい展開である!ヽ(*^。^*)ノ
d0172270_17404369.jpg
d0172270_17404812.jpg
d0172270_17405318.jpg
d0172270_1740574.jpg
またまた北海道らしい景色を見ながらバスは進み、次は楽しみにしていたお昼です!!ぐふふ。
2010年 11月 30日 *
今回の北海道行きは、ほとんど誰にも言わずに行って来ました。社内でも、ハナちゃんのみ。
それでも両方の親くらいにはと思って伝えたところ、実家の母と妹からすぐに「買って来て欲しいものリスト」が届きました。

ホッケ、ウニ(瓶詰めじゃなく箱に入っているやつ)、ルタオの紅茶の生チョコ・・・ここまでは絶対。
後、美味しそうなお菓子、チーズは任せる!」

わたくし、全てクリアしましたとも!!

写真じゃわからないかもしれないけれど、このでかくて見事なほっけ。
d0172270_14332834.jpg
こんなでかいの、こっちじゃ見たことがない。なので、うちにも1枚買ってきました。
半分にしないと、とてもうちのコンロじゃ焼けなかった。(頭の方半分はゴルゴの実家へ)
d0172270_14363230.jpg

身が厚く、とってもうまっ!魚嫌いのゴルゴでさえ、「うまい・うまい」と言って食べてたから(おかげで、私の食べ分が減っちゃった)

後はざっとこんな感じ。手荷物で持ち帰った分もあるから、これは一部だけれど。
d0172270_1436401.jpg
白い恋人、マルセイバターサンド、ロイズのポテチョコはとりあえず押さえつつ、
最近発売になったという、白いバウム(つむぎ)もゲット!
実家にあげるまえに3分の1をカット・・・だって味見したかったんだもん。これ、かなりのヒットでした。

お土産を渡しに行ったら、お返しにとこれらをくれました。
d0172270_1443164.jpg
まさかの、スイーツ返し!! しかも、こんなにたくさん・・・(;^_^A 
いくら私たちでも食べきれる量じゃなく、それぞれ職場に持って行って配りました。

さて、北海道2日目の朝は5時半に目覚めた。そう言えば、阿寒湖遊覧船が6:30~出てるって言ってたっけ。
まだ寝ているゴルゴを起こし、支度をして宿を出た。(こういう時、文句も言わず着いてくる夫で助かる)
外はまだ夜が明け切っておらず、薄暗い・・・そしてさぶい。
遊覧船の発着所は、旅館の真後ろだった。こんな時間に誰もいないだろうと思いきや、Tさんご夫妻がいてびっくり!
「またいつ来られるかわからないもの。阿寒湖を見ておかなくちゃ」って。考えることは同じです。

なんか、撮影モードを間違えたっぽい。でも、夜明けって感じがするかな。
d0172270_1459731.jpg
まもなく、船がやってきた!
d0172270_1504987.jpg
観光客は、私たち4人とおばちゃん組4人の8人だけだった。

船から見た景色、気のせいだと思いたいが、空はどんよりと曇っている(涙 雄阿寒岳も、雌阿寒岳も見えない。
d0172270_153158.jpg
遊覧船は、阿寒湖の中にある島へ降り立った。↑に見えているチュウルイ島という島である。
d0172270_1565520.jpg
実は、遊覧船に乗った目的は、この島にあったのだ。
d0172270_157551.jpg
d0172270_1573327.jpg
みなさん、もうお気づきかと思いますが、そう、天然の毬藻を見たかったのです。

チュウルイ島には、マリモ展示観察センターがあり、そこで天然のマリモが見られるんだそうで・・・。

これがその、阿寒湖天然記念物である「まりも」です。
d0172270_15154170.jpg
可愛い~~!本当にまん丸!とっても神秘的♪
d0172270_1516215.jpg
でも実際はマリモとは「糸状の」藻であって、最初からまん丸なわけじゃないんだって。
1本1本のマリモが絡まり、くっつきあってま~るくなっていくらしいです。
d0172270_1523498.jpg
阿寒湖遊覧は、約1時間。船の中は暖房がきいていて暖かく、快適でした。

湖から見たお宿。
d0172270_15262957.jpg
あの最上階に見えているところが、天空露天風呂でした。
d0172270_15265573.jpg
ここの旅館、お風呂もすごかったんです。

きめ細かな泡の湯の他に、和風ジャグジー、丸太風呂、寝湯にうたせ湯、桧風呂、洞窟風呂、玉砂利が敷かれた歩行湯、
高温・中温サウナに、阿寒湖を見渡せる露天風呂とたくさんの種類があり、全部入ってみたので出るまでに1時間以上かかりました。
もう、ふやける寸前。でも、気持ちよかった~~!

さて、宿に帰ったら朝食の時間!朝食はバイキングでした。

和食のコーナー

d0172270_15421612.jpg



中華のコーナー

d0172270_15423648.jpg



洋食のコーナー

d0172270_15425527.jpg

これら、ほんの一部です。
広いダイニングの四方八方にいろんなコーナーが設置されていて、品ぞろいの豊富さに朝から心躍っちゃいました。

1日の始まりの朝食は大事!がっつりいっとかんとな。
写真では切れてしまって見えてないけど、焼き秋刀魚がうまかった!塩辛も、蛸の刺身も、もずくがたっぷり入ったお味噌汁も
d0172270_15453566.jpg
食べている最中に、なんと餅つきがはじまった!
d0172270_1549923.jpg
お正月でもないのに、つきたてのお餅が食べられるとは!!これも美味しかった~♪ ご飯をがっつり食べたあと、デザート感覚でいただきました。
d0172270_15495599.jpg

あっ、デザートは別にちゃんと食べたんだったヾ(´▽`*)ゝ
d0172270_15505285.jpg
ハスカップのゼリーも、マリモのゼリーも美味でした♪

お腹もふくれたし、2日目・観光への準備は万端です!
2010年 11月 29日 *
アイヌコタンは、温泉街の一角にある道内最大級のアイヌ集落で、約130人のアイヌの人々が生活し、
木彫りの工芸品店を中心に30軒あまりの物産店が通りの両側に並んでいる。
d0172270_1730062.jpg
アイヌの人々は、フクロウを守護神としているそうで、あちこちにフクロウが・・・。
d0172270_17303597.jpg
d0172270_17321333.jpg
コタン中央にあるチセ(家)では、国の重要無形民俗文化財に指定されているそうです。
d0172270_1738251.jpg
お店に立ち寄って見ていたら、外が何やらにぎやかい。出てみると、松明を持った人々がたくさん広場に集まってきました。
d0172270_17345268.jpg
千本たいまつ行進だそうです。観光客も無料で参加できるんだって。
d0172270_17352424.jpg
火がともったアイヌコタンは、それはそれはきれいでした。
哀愁の漂うムックリ(アイヌの民族楽器)の音色も響き渡っています。
この音色を言葉に表すと、「びょーーーんびょーーーんびょーーーん」なんですけど。それがとっても美しいんです。
これは、アイヌの伝統楽器「ムックリ」だそうで、お店でも売っていました。

アイヌのおじさんが、実際に演奏してくれました。聴いていたゴルゴ、思わず、「これください!」
すると、おじさんは素人でも簡単に音が出るという方をすすめてくれました。
にもかかわらず、ゴルゴは、伝統ムックリを購入。
d0172270_17483581.jpg
これがなかなか難しい! 奧の紐を握って口にあたるように固定し、手前の紐を引っ張り中心部を振動させて音を出す。
でも引っ張る角度や加減が分からず、音が鳴るどころか、紐を握る手が痛くなる。
ふんともすんとも言わない・・・前途多難。

ムックリ、これから残り2日間、ゴルゴの旅のお供となりました。はたして、音は出るようになるのか?

続いて次のお店へ。趣向を凝らした工芸品は見ていて飽きない。
d0172270_17534271.jpg
コロボックルや、動物たちの木彫りは、とっても温もりがあります。
d0172270_17592327.jpg
d0172270_17592933.jpg
d0172270_17593768.jpg
きつね、てんこ盛り
d0172270_17594154.jpg
ナイスバランス!d(≧υ≦*) もう、どれも欲しくなっちゃうよ。
d0172270_1759557.jpg
その中で、私たちはこれを購入してきました。

幸せを呼ぶ、幸運の人形・・・
d0172270_1823039.jpg
これは一つの木をくりぬいて、二人が離れないように出来ている(クサリ彫り)、「木はひとつ、気はひとつ」
という縁起物なんだそうです。
全部手作りなので、ひとつひとつ顔が違うの。時間をかけて、選ばせてもらいました。

私たちも、いつまでもこうして寄り添っていられるようにと、ふたりの名前を彫ってもらいました。
d0172270_18644.jpg


そしてまた、出会ってしまったんです。こちらのお店で・・・
d0172270_1865014.jpg
こちらのお店にあった木彫りの人形に一目惚れ・・・はい、サックスを吹いているきつねのお人形です。
値段を聞いて少し躊躇したものの、どうしても連れて帰りたくて、諭吉さん1枚と、樋口一葉さんと英世さんをはたいてゲットしてきました。

帰ってからの生活は大丈夫か?・・・う~~ん、なんとかなるさ。とりあえず、米はある!

見たいでつか?(これ、以前にも言った気がするが・・・)また、他の連れ帰ったものと一緒に、後ほどアップしまーす!

もちろん、これらもたくさんありました。北海道のお土産と言ったら、まず最初に浮かぶこちら・・・
d0172270_18141772.jpg
もらって困るお土産、ナンバーワンだそうです。
その前に38万円~♪、まず買えない。

アイヌの方と話しをすることができ、ガイドさんの解説もあわせて、
月・太陽・雨・風・大地・動植物・物…。その全てに神が宿る、神の化身であると考えられたアイヌ文化に、
少しだけ触れてくることができました。
ページトップ
The Original by Sun&Moon