美味しいもの・きれいなもの・可愛いもの大好き♪ 
by sorade-su
カテゴリ:旅 三重( 8 )
*
*
2013年 03月 22日 *
d0172270_812560.jpg
3月9日に、三重県津市にある結城神社へ、しだれ梅を見に行ってきました。
d0172270_7483129.jpg
250本余りのしだれ梅が咲誇ると聞いていたので、一度行って見たかったのです。
d0172270_7524675.jpg
梅は7分咲きといったところかな。お天気もいいし、今日来て正解♪

この狛犬の作者は、長崎の平和記念像の制作で知られる北村西望氏だそうです。
高さが147cmもあり、日本一だそうですよ。売店のおじさんが教えてくれました。
d0172270_8261161.jpg
d0172270_753192.jpg
d0172270_7575361.jpg
2日ほど暖かい日が続き、急に見ごろを迎えたせいか、こんな見事な花が咲いているのに、観光客はちらほら。
ゆっくり見られてラッキーでした。
d0172270_7582622.jpg
d0172270_80418.jpg
桜に負けず劣らず、可愛らしい花ですね。
d0172270_802716.jpg
久々の花撮りだったので(しかも青空)、嬉しくなっちゃって撮りまくり。
そのため、同じような写真を大量生産してきちゃいました。
d0172270_82514.jpg
まるで、青空から梅の花が降り注いでいるよう。青空は、私を元気にしてくれます^^
d0172270_831714.jpg
d0172270_834419.jpg


バラのアーチや、藤棚は見たことあったけれど、梅棚は初めて。
d0172270_841997.jpg
d0172270_85551.jpg
d0172270_852883.jpg
d0172270_85507.jpg


ザ・ピンク!女子力アップしそうな一枚^^
d0172270_881743.jpg
白い花も可愛らしい♪ (でも、びっしりついている雌しべが、おやじの鼻毛みたいって思ったのは、私だけ?)
d0172270_891132.jpg


梅にも、富士ぼたんしだれだの、八重緑額しだれ、真鶴しだれなど、たくさんの種類があるそうです。
どれがどれだかは、覚えておりませんが・・・(;^_^A
d0172270_8111979.jpg
d0172270_814863.jpg


梅酒や、しだれ梅の大吟醸などの試飲あり♪ 
「お姉さん、飲んでって!」と声をかけられました。「お姉さん♪」と呼ばれれば、スルーするわけにはいきません。
美味しくいただきました!!
d0172270_8143236.jpg

ゴルゴ:「おまえさん、運転する気ないだろ!」  「えぇ、まったく」

d0172270_8172810.jpg
本当に見事なしだれ梅でした。来年もまた訪れてみたいです。

でもこの日は、花粉も黄砂も飛び交っていたらしく、今年の花粉症が勃発。
途中から、くしゃみ連発、鼻ムズムズ、鼻水だらだら・・・全身で、春を感じてきました。

More・・・よかったら、続きもどうぞ♪
2011年 11月 15日 *
私が23年間所属していた市の吹奏楽団が(ゴルゴはまだ所属してます)、今年設立30周年を迎えたということで、来月記念演奏会があります。

特別企画として、OBたち参加の演奏があるということで、日曜日、練習に行ってきました。
懐かしい面々が大勢集まりましたよ~。
中には、25年ぶりに楽器に触れるっていう先輩も(*^m^*)
でも、全くブランクを感じさせない吹きっぷりに、びっくり!
若いころ、夢中になってやってきたことは、年を重ねても忘れないもんなんですね。指と口がちゃ~んと覚えてる。

私は、今でこそ離れてしまいましたが、この団にはとっても思い入れがあるんです。
ゴルゴと出会ったのも、この団だし、大勢の良い仲間とも出会えました。今の私があるのは、この団があったからこそ。
OBたちもみんなそんな思いで集まったようです。
なんてたって、この団から30組近くの夫婦が誕生したんですから。結婚相談所もびっくりでしょ?(笑)

合同で演奏するのは3曲。どれも思い出の曲ばかり。歴代の指揮者も登場して、本当に懐かしいひとときを過ごしてきました。
来月の演奏会がとっても楽しみです。


さて、伊勢・鳥羽旅行の続きをいってみたいと思います。
もう一か月経つというのに、いつまでかかってアップしてんだ?って感じですが・・・(;^_^A

素敵なランチを終えた後、一足早く帰られるannさんと、Nお母さん、ケイさんとは、鳥羽駅にてお別れ(T^T)ウック!

お見送りしたあと、ミンミンさんと私は、鳥羽湾めぐりに繰り出しました。

あの船に乗るらしいよ!ヽ(^◇^*)/ ワーイ
d0172270_20511481.jpg
船の名前は、「龍宮城」
d0172270_20534284.jpg
亀を助けたわけじゃないのに、勝手に招かれて乗船(*^m^*)

船内のあちこちに、乙姫さまがいましたよ。じいさんになった浦島太郎も^^
d0172270_20544883.jpg
飛島が見えてきました。
d0172270_2122929.jpg
青い海に浮かぶ緑の島々、美しい景色です。
d0172270_2144541.jpg
デッキに出ると、たくさんのカモメたちが追いかけてきました。
d0172270_2153074.jpg
d0172270_215526.jpg
d0172270_23563868.jpg
船内でスコーンを買って、カモメに投げ与えているミンミンさん(*^m^*)  
d0172270_216274.jpg
それに群がるカモメたち。
d0172270_2174971.jpg
景色や、カモメや、カモメ使いとなったミンミンさんを激写しながら、楽しいひとときでした。
d0172270_2182498.jpg


伊勢湾フェリーともすれ違いました。今度は、伊良湖からこの船に乗って訪れるのもいいな~~。
d0172270_2232153.jpg
鳥羽水族館が見えてきましたよ~!
d0172270_21101711.jpg
真珠島・水族館前 観光船乗り場で降り、次はミキモト真珠島へ。

ミキモト真珠島は、1893年、御木本幸吉氏が世界で初めて真珠の養殖に成功したゆかりの島。
d0172270_2122331.jpg
↑左下の樹木は、英国エリザベス2世皇后陛下、ご来島記念植樹だそうです。

「海女さん」の実演が始まるとのことで、行ってみました!

海女さんが乗った小舟がやってきましたよー!
d0172270_21293396.jpg
むかしながらの白い磯着姿の海女さんたちが、次々と海に潜っていきます。
d0172270_21301329.jpg
サザエやあわびが捕れると見せてくれました。ブラボーです!

続いて、博物館へ。平日の夕方近い時間とあってか、ほぼ貸切状態。ゆっくり見て歩くことができました。

真珠ができるまでのしくみを、説明してもらいましたよ。
d0172270_22184643.jpg
かなり手間がかかっています。高級なわけですねー。

d0172270_22193610.jpg
コレクションもたくさん展示されていました。

「パールクラウンⅡ世」と「パールクラウンⅠ世」の王冠。
d0172270_22212724.jpg
ともに、約800個の真珠が使われているそうです。

d0172270_2224312.jpg
目の保養をしているうちに、帰りの電車の時間が近づいてきました。
d0172270_2226832.jpg
名残惜しいけれど、お別れです(涙 

たくさんの思い出と、タコ飯と一緒に、一人帰路につきました。
d0172270_22285016.jpg


伊勢・鳥羽旅行記、これでおしまいです!
2011年 11月 12日 *
さ~て、お昼ですヽ(^◇^*)/ ワーイ
朝、あんなにがっつり食べたのに、水族館ではしゃぎまくったせいで、お腹ペコペコ^^

鳥羽でのランチは、国際ホテルのメインダイニング「シーホース」にて。
d0172270_0245456.jpg

目の前には、こんな景色が広がっています。素晴らしい眺めです。
d0172270_0261216.jpg


まずは、海の幸と秋野菜の菜園仕立て
d0172270_0264511.jpg
たくさんの野菜に、エビや鯛やホタテやタコなどの海の幸。テンションあがります^^ 海藻オイルのアクセントがまたうまし!

続いて、白身魚と彩り野菜のニース風
d0172270_027613.jpg
皮はパリパリ、身はほっこり♪ ひとくち食べるごとに、にっこり♪

焼き立てのパンも美味しかったです。
d0172270_0311097.jpg
お隣のNお母さんのバターまでとって食べる勢い(ごめんなさい(;^_^A)

メインは、黒豚バラ肉のポートワイン煮
d0172270_0323678.jpg
お肉柔らか~~~!!口の中でとろけました(*^m^*)

そして、シェフ特性デザート
d0172270_0333713.jpg
好きなだけ、選べるそうです。

みんな声をそろえて、「全部お願いします!」 これはもう決まり文句ですね^^

すると、私のところへ運ばれてきたと思ったら、
d0172270_035726.jpg
なんと、キャンドル&バースデープレート付きではないですか!

3日後に誕生日を控えた私のために、用意してくださったのです(///∇//)
d0172270_0365526.jpg
みなさんに、(スタッフのイケメンのお兄さんたちにまで)祝っていただいて、素敵なサプライズにとっても感激しました。
本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

10月20日の誕生日を、ちょっと振り返ってみたいと思います^^

鳥羽でお祝いしていただいたため、当日は特に何もなし。ケーキもなし(T^T)
でも、仕事を終えて家に帰ったら、郵便物が届いておりました。ゆうゆうさんからです。

さっそく封を開けると、中から頑丈に梱包された物が・・・。ほどいてみると、この子が出てきましたよ。
d0172270_0455022.jpg
かっ可愛い~~~!!ヽ(^◇^*)/ ワーイ ガラスでできた、フクロウのサックス吹きです!
d0172270_0465545.jpg
嬉しいよぉ~~!!ゆうゆうさん、ありがとう~♪
d0172270_0473127.jpg
パンダちゃんの絵葉書には、「おめっとう! 早くもっと年をとって、同い年になろうよ!」とのメッセージが・・・。
ゆうゆうさん、それはムリだから!(爆)

それから、こちらもプレゼント♪
d0172270_049344.jpg
陶芸を趣味としている友人が作ってくれました。

なんと、サックスの絵が描かれているんですよー!
d0172270_0502794.jpg


そしてもう一枚!
d0172270_0505712.jpg
サックスのほかにも、ウサギさんとおサルさんが描かれてます。
d0172270_0514699.jpg
うさぎ年のゴルゴと、申年の私、そしてサックス・・・私たちのための、世界にひとつしかないお皿です。
こちらも、とっても嬉しいプレゼントでした。

そして、これは元同僚のハマちゃんからの差し入れ。有給休暇をとって、釣りに行ってきたそうです。
d0172270_0564865.jpg
鯛・シマアジ・ヒラメのお刺身です!
刺身のつまも、大葉も何も用意してなくて、ただお皿に盛っただけなのでなんだか寂しいけれど、味はとっても美味しかったです。(;^_^A

たまたまたこの日の届けてくれたんだけど、結果、誕生日プレゼントとなりました^^

今年の誕生日は、素敵なサプライズがたくさん!嬉しい嬉しい誕生日でした。
2011年 11月 11日 *
鳥羽水族館には、カビパラさんもいました。

食べているときも、温泉に浸かっているときも、表情がかわることなく、常に無表情・・・(笑)
のほほんカビパラさん、見ているだけで癒されます。
d0172270_21395721.jpg
カビパラは、捕食動物から身を守るために水中に5分以上潜ることができるんだって。

そして、とっても人懐っこくて、愛嬌のあるスナメリちゃん。私たちの前にやってきては、何度も挨拶をしてくれました。
にっこりスマイルが可愛いね。
d0172270_2151154.jpg
 
このお二方も、スナメリちゃんに釘付けです(*^m^*)
d0172270_2150264.jpg
d0172270_21464370.jpg


こちらは、人魚伝説のモデルになったと言われるジュゴンのセレナ。
d0172270_21534221.jpg
相方のジュンイチくんが死んでしまい、今は一頭になってしまったセレナ。ちょっぴり寂しそうでした。

ラッコはちょうどお食事中。
ちゃんと両手で餌を受けとってる。お行儀いいね(*^m^*)
d0172270_228504.jpg
お腹を上にして水面に浮かびながら餌を食べる姿もとってもかわいかったです。

アシカのショーも見てきましたよー!!
キューピーちゃんを鼻の上にのっけて、動き回るアシカくん、ナイスバランス!
d0172270_22171186.jpg
輪投げだって、ジャンプだって朝飯前さ!  ブラボー!!
d0172270_22492340.jpg


続いて、セイウチくんのパフォーマンス!
d0172270_2252594.jpg
セイウチくんの芸は、ちょっぴり三枚目。笑った~~。いい仕事してるね。
d0172270_2321060.jpg
それにしても、見事な三段腹・・・(;^_^A

キャベツをすごい勢いで食べている、食欲旺盛なカメもいましたよ。
d0172270_2362438.jpg


古代の海ゾーンでは、床の一部がガラス張りになっていて、その上に立って魚類やアンモナイトなどの化石を真上から見ることができます。
d0172270_2381597.jpg


貝のコレクションも見事でしたよー!
d0172270_23125626.jpg

世界最大の巻貝など、約1000種2000点の貝が展示されています。
d0172270_22511584.jpg

中でもこちら・・・なんと360万円の貝!
d0172270_23461729.jpg

世界一高価な、リュウグウオキナエビスという貝です。

この貝をめぐってのエピソードが、ミンミンさんの本の中にも出てきます(*^m^*)
今から約40年くらい前、1ドルがまだ360円の時代に、この貝を買ってきたという館長さん。
いつになく大声で言い争っているご両親を見て、ミンミンさんは、「こんな高い貝を買ってしまって、給食代が払えなくなっらどうするんだろう」って、
真剣に思ったそうです(笑)
お目にかかれて、光栄でございます^^

d0172270_23563197.jpg
本の中に出てくる、お父様の名言、「棚からボタ餅はない。果報は練って待て」・・・大好きな言葉です。

「果報は寝て待てなんてウソ。昼寝をしながら待っていてはダメ。アイディアを生かして考えて前向きに挑戦してこそ、果報はやってくる」

この言葉は、この本を読んでからずっと私の心に刻み込まれています。

お父さまやご家族の、夢とロマンがいっぱい詰まった広い広い水族館、ミンミンさんのガイドのおかげで、隅から隅まで思いっきり楽しむことができました。

あっ、ラッコが抱えているソフトクリームも食べましたよん。
d0172270_016028.jpg
ハーゲンダッツ、うまっ!
2011年 11月 09日 *
子供のころ、初めて連れて行ってもらった水族館が、鳥羽水族館。

子供心に、でっかい水族館に感動したのを覚えています。
水槽に張り付いて、泳ぐ魚を見入っている写真がアルバムに残ってます。

そんな憧れの水族館をつくった館長さんの娘さんと、ブログを通じて出会えるとは・・・。

この本の著者でもある、ミンミンさんこと、坂井みさきさんです。
d0172270_0345642.jpg
鳥羽水族館へは、その後も何度か訪れていますが、この本と出会ってからずっと、もう一度鳥羽水族館へ行ってみたい!って思ってました。
それが今回叶ったのです。

鳥羽水族館ができるまで、そしてオープンしてから現在に至るまでのエピソードなどが、事細かに書かれているこの本を読んでからの水族館めぐりは、何倍も楽しいに違いない。
しかも、水族館とともに育ったミンミンさんのガイド付きだなんて、最高だ~!!
d0172270_057993.jpg
d0172270_0574750.jpg
入るとすぐ、大きな水槽が・・・コーラルリーフダイビング
d0172270_134717.jpg
まるで、海の中にいるみたい。
d0172270_1134420.jpg

いろんな魚が泳いでいます。とっても神秘的。
d0172270_116144.jpg
d0172270_1154779.jpg

サニーレタスに群がる黄色ハギにびっくり!
d0172270_1143131.jpg


あんたたち、大きな水槽なんだから、そんなにひしめきあっとらんと、もっと自由に泳いだら?(笑)
d0172270_1163991.jpg


口紅を塗った、こんなお洒落さんもいましたよ(*^m^*)
d0172270_1182460.jpg


魚って、正面から見るとホントに面白い顔してるよね。
d0172270_1203016.jpg


でっかい伊勢エビがたくさん!うっまそう~~~!!蟹もたまらん!
d0172270_1222546.jpg


こんな楽しいところへ、遠足に来られるなんていいな!羨ましいぞ!
d0172270_1232371.jpg


まだまだ続きます。
2011年 11月 06日 *
伊勢・鳥羽旅行、2日目です。

今回お世話になったのは、こちらの旅館です。
d0172270_0152992.jpg
前の晩、温泉に入りに行ったら、廊下にコレクションボードがあり、楽器を持った人形がずらりと並んでいるではないか。
思わず、歓声をあげる私。私のサックスドールも結構な量だと思ってたけど、足元にも及ばない。

annさんに、「お風呂に行くわよ」と引きはがされなければ、いつまでもへばりついていたことだろう。
お風呂から出て、もう一度見ていると、近くに貼られているポスターが目に入った。

「めだかの学校」・・・音楽人形館があるとのこと。どうやら、旅館の外に出て上の方へ行ったところにあるらしい。
これはぜひ見てみたい!と、浴衣姿で出かけてみたが、真っ暗。
もう一度戻って、ポスターをよく見たら、「9時~17時まで」と書いてあった。

щ(´□‘)щ オーマイガーッ!!

明日は、8時半には旅館を出なければならない。見れんじゃん・・・щ(´□‘)щ オーマイガーッ!!

あきらめきれずに、ミンミンさんに訴えたら、なんと旅館のオーナーさんに話をしてくださり、特別に朝の7時半に開けてくださることになった。

なので、翌朝は6時起床!温泉へ行き、朝陽を見ながら露天風呂に浸かる。極楽、極楽。
そして、7時に朝食。大好きなバイキングです。とっても充実していましたよ!
d0172270_043562.jpg
今日も元気だ!ご飯がうまい。

そして7時半、めだかの学校へ。
この学校の校長先生でもある、旅館のオーナーが、めだかがすめるきれいな自然環境を残したいと、作られたそうです。
校長先生が出迎えてくださり、学校を案内してくださいましたよ。
d0172270_0524719.jpg
庭には、めだかがたくさん棲んでいるビオトープが。
d0172270_056080.jpg


この人もいましたよ。学校には必ずいるよね^^
d0172270_0553233.jpg
d0172270_142356.jpg
庭には、足湯もありましたよ。鳥羽湾を眺めながら浸かったら、リフレッシュできそう。
d0172270_1235370.jpg
d0172270_144750.jpg


教室です。
d0172270_16328.jpg
お隣が音楽室(=音楽人形館)
d0172270_172075.jpg
このお人形たちは、水車で動いていました。
d0172270_175970.jpg


中に足を踏み入れると、そこには楽器を持った人形たちがずらりと展示されていました。
d0172270_19056.jpg
ここには、世界各国の人形、3000体が集まっているそうです。私にとってはまるで夢の世界。

ピエロたちに、
d0172270_1115062.jpg
可愛い動物たち
d0172270_1122474.jpg
d0172270_1125075.jpg
↑骸骨や、サンタさん、天使など、たくさんのお人形が音楽を奏でていました。
d0172270_1134499.jpg
私がコレクションしているサックス吹きもたくさんいて、もう大興奮!!放っておいたら、一日中でも見ていられそう。
d0172270_1151227.jpg
本当に良いものを見せていただきました。今度は、ゴルゴと一緒に訪れたいと思います。
d0172270_1245146.jpg
素敵な旅館をとってくださったミンミンさん、本当に感謝です!


ゆうゆうさんのところで知りました。
私も貼らせていただきます。
d0172270_17553022.jpg
バナー、クリックしてみてくださいね。
2011年 10月 30日 *
昨日、「ゴルゴがケガをした」と、テンションだだ下がりで帰ってきました。
仕事中に、指先を爪ごと切ったらしいです。
応急手当をしてもらったようですが、幾重にもなってるガーゼにはまだ血がにじんできていました。
でも、まもなく血も止まったようで様子を見ることに。

指先なので、神経過敏になっているらしく、「オレの半径1m以内、近づくな!」命令が出ました。
私のしゃべる息だとか、歩く振動まで、指先に響くらしいです(笑)

本人もしゃべる声にまるでハリがないので、かなりズキズキとするのでしょう。
「あまり痛いなら、病院へ行け!黴菌ば入ったらどうすんの」と言ってるんだけど、それは怖いみたい。病院=怖い・・・子供かっ。

男の人って、傷や血に弱いよね。

さて、伊勢・鳥羽旅行の続きです。
今回の最大の目的は、先日10月4日に100歳になったばかりの日野原重明先生のお祝いイベント
「百歳記念ジャンボリー ~夢を天空に描くー新たな日本の再生と創造ー」に参加することでした。
「東日本大震災の復興を祈念」しての思いもこめたチャリティイベントでもあります。
d0172270_203721.jpg
この日は、北海道から沖縄まで日本全国各地、それにはるばる海外からも大勢参加され、総勢8000人が集まるビッグイベントでした。
d0172270_20515675.jpg
大会会長は、鳥羽水族館創始者で現在名誉館長でもある中村幸昭さん。そう、ミンミンさんのお父様です。
d0172270_205410100.jpg
大会前と休憩時間に、お話をさせていただけて感激。
お父様のパワーがビンビン伝わってきましたよ。この日見事に晴れ渡ったのも、お父様のパワーのおかげかと。
「雨が降ったら、切腹する覚悟だったっと。」おっしゃってましたから。

日野原先生の講演も素晴らしかったです。
杖なし、椅子なしで、お立ちにたられたまま1時間スピーチされた日野原先生、とても100歳とは思えません。

先生は、「愛すること」「創(はじ)めること」「耐えること」をモットーに活動されている「新老人の会」の会長さんでもあります。

・愛し愛される人間に・・・  ・やったことのないことに挑戦する  ・逆風にくじけない

そして生き甲斐を持つこと、ひとのために、自分を犠牲にする覚悟を持こと。
先生のおっしゃる一言一言が、胸に響きます。
いつまでも普通な日々が続いていくような気がするけれど、私たちの時間は永遠じゃない。本当に今を大切にしなければ。

「100歳は、次のスタートライン」・・・なかなか言える言葉じゃないですよね。
言うためには、元気で100歳まで生きなくちゃならないんだから。
先生に言わせれば、「75歳以下は皆ひよこ」だそうですよ。先生、20年後の予定まで埋まっているそうです。

このビッグイベントに参加させていただく機会を与えてくださって、本当に感謝しています。勇気と希望とパワーをいただいてきました。

感動とともに大会をあとにした私たちは、再びおかげ横丁へ舞い戻り、食べ歩き!
d0172270_22102347.jpg
この日はちょうど「神嘗祭」で、大勢の人でにぎわっていました。
赤福本店で赤福を食べる!が目的でしたが、あまりの人の多さで断念。お隣にある「五十鈴茶屋」でお茶しました。
d0172270_22161150.jpg
こちらでも、出来立ての赤福をいただけるんですよ~。
d0172270_22182330.jpg
素敵な庭園を見ながら、お座敷でゆっくりいただく和菓子&お抹茶、まさに至福の時でした。
イチジクのケーキも、栗きんとんも赤福も、くずきりも、全部美味しかった~~。
みんなで違うものを選んで分け合っていただく、まさに女子ならではですね^^

そのあとは、お土産屋さんを見ながら、また買い食い(笑) おかげ横丁はまるでパラダイス!
d0172270_22222460.jpg
この牛コロッケも美味しかった~~。もう3ヶはいけたね(笑)

伊勢を満喫した私たちは、ケイさんの車に乗せていただいて、伊勢スカイラインを通り、鳥羽の宿へと向います。
途中、朝熊山の展望台から眺めた風景。夕焼けがとってもきれいでした。
d0172270_22275460.jpg


お世話になったお宿は、「扇芳閣」 こちらで、annさんと一緒にお泊りです。
とりあえず、温泉に浸かりまったり。
夕飯は部屋食で、ゆっくりいただくことができました。夜はご実家へ帰られるというミンミンさんもご一緒に。
d0172270_22301720.jpg
どれも美味しく、女子3人、おおいに盛り上がりました。

食事のあとは、旅館から歩いてすぐのところにある、ミンミンさんのご実家へ^^
応接間で、ミンミンさんに美味しい紅茶をいれていただいて、またまた至福のとき。
d0172270_22385550.jpg
ゴディバのチョコレートも美味しかったです。
d0172270_22392524.jpg

ミンミンさんのお母様とも、たくさんお話させていただきました。
d0172270_22394426.jpg
とても美しくてチャーミング
で楽しいお母様、私はすっかりファンになりました。これからは、「鳥羽のママ」と呼ばせていただきます。

お父様とお母様とお会いして、パワーいっぱいのミンミンさんのルーツを見たって感じです^^
d0172270_22391224.jpg



 
2011年 10月 28日 *
大変ご無沙汰しております。我が家のパソくんが、やっと退院してきました。約半月ぶりの再会です(涙
カメラのときと同じく、新品同様に戻ってきましたよ。中身は購入したときの状態になり、空っぽ。
でも、めんどーなセットアップが無事に終わり、ついに復活!(イェ~イ!) 
今度は頑張っておくれよ~!

せっかくコメントをくださったのに、レスがすっかり遅くなってしまってすみません。
また、これからもよろしくお願いします。

さあて、どこからアップしようかな^^ 
やはり、ここからでしょう!


今月の16,17日に、伊勢・鳥羽へと行ってきました。
d0172270_0554965.jpg
鳥羽ご出身であるミンミンさんに誘っていただいたのは、今年の5月のこと。まだ前の職場で働いていたときでした。
有給休暇もたくさんあまっていたし、絶対に休めるだろうと、「行きたい!」と二つ返事でした。

その後まもなく退社。そしてすぐに再就職が決まり、どうしよう・・・。それでも、絶対にご一緒させてもらいたかったので、
「10月17日の月曜日は、どうしてもお休みをください!」と、入社早々申し出た私です。

16日の朝は、5時34分初の高速バスに乗り、名古屋へ。そこから近鉄特急に乗り、伊勢へ向います。
宇治山田駅で降りるつもりが、降り立ったのは、ひとつ前の「伊勢市駅」
d0172270_14776.jpg
ひぃ~~間違えちゃった(汗  宇治山田駅だったら、駅前から内宮行きのバスが出ていたのに、ここだと外宮前まで歩かないとなりません。
5分ほどだったけど・・・。さぁ急げ!目指すは、宇治橋の大鳥居の前だー!
d0172270_1131069.jpg
 
ここで、今回旅をご一緒させていただく、ミンミンさんannさん、そして初めましてのNお母さんとケイさんと合流です。
なんとか、待ち合わせ時間の10時に間に合い、ほっ。
関東方面から夜行バスに乗り、7時半に伊勢入りされていた皆さんに、とても素敵な笑顔で出迎えてもらいました!

それでは、参拝へと参りましょうか。

五十鈴川に架かる宇治橋は、架け替えられたばかり。
d0172270_1204528.jpg
凛とした空気に、清々しい檜の香りが漂ってきます。
下を流れている五十鈴川も、美しいですねー。
d0172270_124370.jpg
この五十鈴川は濁ることなく、常に清らかさを保っているようですよ。まさに聖なる川ですね。

橋を渡り終え、玉砂利が敷き詰められた道を歩きます。とっても厳かな空気に包まれます。
d0172270_126948.jpg


五十鈴川の御手洗場で、お手水。
d0172270_1322230.jpg
川の水に手を浸すと、ひんやり冷たい。

しっかり身も心も清めた私たちは、生命力が溢れる木々の中を歩いて、御正宮へ向います。
d0172270_1403063.jpg
↑左下は、御正宮へと続く石段。カメラはここまで。

こちらで祀られているのが、天照大神。日本の総氏神様です。厳かな気持ちで参拝。
「神社は、お願いするところではない」と聞いてきたので、こうして健康で過ごせていることへの感謝をのべ、
これからも、健康で笑って暮らせますように・・・やはり、願わずにはいられない^^

ここに来ると、本当に心が洗われるような気がします。

すっかり浄化された私たちを待っていたのは、おかげ横丁のうまいものたち(笑)
d0172270_150040.jpg
一歩進むごとに誘惑が・・・
d0172270_1504443.jpg


そこで、待ってましたのお昼です。 「奧野家」 さんでいただきましたよ。 
d0172270_1562838.jpg
皆さんが頼まれた、豪華でお得な月替わり奥野ランチ。
d0172270_213576.jpg

ミンミンさんは、伊勢うどん。
d0172270_22938.jpg


私は、以前訪れたときにもいただいた、てこね寿司と伊勢うどん。「あのときの味をもう一度」と、両方食べられるセットを。
d0172270_242132.jpg
てこねは伊勢志摩の郷土料理で、昔、志摩の漁師さんが釣りたてのカツオを醤油に漬込んでから、ご飯とパパッと手で混ぜて船の上で食べていたのが始まりだそうです。
うまいんだなぁ、これが!
d0172270_26657.jpg

結局、皆さんのもちょこちょこっと分けていただき、一番お得感のあった私でした。

伊勢・鳥羽の旅、まだまだ続きます。
ページトップ
The Original by Sun&Moon