美味しいもの・きれいなもの・可愛いもの大好き♪ 
by sorade-su
2015年 12月 24日 *
クリスマスイブですねぇ。
ということは、今年もあと残り1週間てことですよ。1年なんてホントにあっという間。

クリスマス、特に何もしないですが、ケーキだけは毎年母から届くので食べます^^
d0172270_17553445.jpg


今年は、プレゼントももらいました。
サックスカルテットの仲間Bちゃんより、メンバーへ手作りのサンタさん♪
d0172270_180541.jpg
中は、お菓子ではなく、味噌汁や酒の肴がどっさり入っていました!
サンタのブーツの大人バージョンです(笑)

みなさん、良いクリスマスをお過ごしくださいね!
d0172270_18223991.jpg



バンコク研修3日目でーす!!
研修なので、3日目の朝も早いです。
目の前で好きな具をチョイスして作ってもらうオムレツは、本当に美味しいです^^
d0172270_1884823.jpg
d0172270_1894881.jpg
この日は遠出をするとのことで、7時にホテルを出発!!

深夜便で帰るので、ホテルはチェックアウト。
とてもフレンドリーなドアマンと記念にパチリ^^
d0172270_18133985.jpg


途中、コンビニで会長がリポDを買ってくれました。
d0172270_18104996.jpg
おなじみのマークですが、タイのリポDは、かなり甘かったです(^-^;

この日最初に立ち寄ったのは、アユタヤの手前約15km地点にあるバンパイン宮殿
d0172270_1817528.jpg
1637年、アユタヤ王朝24代目のプラサート・トォン王が建てた宮殿で、歴代の国王たちが夏を過ごす別荘として利用されていたそうです。
1767年のビルマ軍攻略以降、しばらく放置されたままでしたが、ラーマ4世と5世によって、現在のように再興されました。

現在でもここは王室の所有ですが、王室関係者は公式訪問など特別な時しか使用しないので、普段は一般に公開されています。


緑あふれる広々とした美しい庭園
d0172270_18174943.jpg
d0172270_18175224.jpg

ホー・エン・モンティアン・テラワート。1880年に建てられたクメール様式の神殿。
d0172270_1819127.jpg

ラマ5世が建てた美しいプラティナン・アイサワンティップアート 
いろいろな角度から撮影してみました。
d0172270_18192716.jpg
d0172270_18194314.jpg
広い芝生の庭には、かわいらしい緑色の象の群れ♪
d0172270_1820714.jpg


中国様式の建物 プラ・ティナン・ウェーハート・チャルムーン
d0172270_18203628.jpg


野菜や果物、動物が立体的に描かれた石碑。
d0172270_1821253.jpg


ホー・ウィトゥン・タサナー。 物見の塔。最上階まで登ることができます。
d0172270_18212710.jpg



塔から見た中国様式の建物。
d0172270_18214930.jpg

屋根の上の装飾も美しいです。
d0172270_18221560.jpg
緑と水と花がとても美しい宮殿でした。

More・・・おまけ
2015年 12月 19日 *
クリスマスコンサート&アンサンブル大会、無事終了しました^^
師走の忙しい中、大勢の方々が聴きに来てくださいました。
d0172270_1142314.jpg

クリスマスコンサートということもあり、今回は未就学児も入場OKとのことで、おじちゃんと一緒に甥っ子も聴きに来てくれましたが、
あの大音量の中、2曲目からアンコールまでずっと爆睡してたそうです(笑)
赤ちゃんのころから、おじちゃんによる子守唄が、カルメン協奏曲とか天国と地獄だった影響でしょうか(笑)

アンサンブル大会では、サックス5重奏とビックバンドに出演しました。
2つの楽団を掛け持ちしているため、このように本番が続くことがしばしばあります(^-^;

2日に渡って行われた慰労会では、練習が大変だった分、イベントが終わってほっとしたせいか、打ちあがりすぎました^^(年を考えろー!)
両方とも、チェーン店の居酒屋(店は違いましたが、)で、しかも飲み放題付き。
飲まなきゃ損損!て勢いでつい・・・(ー'‘ー;)

身体の疲れがなかなかとれないオトシゴロですが、音楽活動、もう少し頑張って続けようと思います^^

さて、バンコクネタの続きです。

次の目的地は、ワットポー(涅槃物寺)
こちらもバンコク市内の3大寺院のひとつで、バンコク最古の歴史を持つ寺院。
d0172270_11163568.jpg
全長49メートル、高さ12メートルの寝釈迦仏の堂々とした寝姿に思わず圧倒されます。
d0172270_11171824.jpg

d0172270_1117395.jpg
長さ5メートル、幅1.5メートルの大きな足の裏には、仏教と深い関わりを持つバラモン教の宇宙観が、108の絵で表されているんですが、
この日は修繕中で見ることができませんでした。

d0172270_11242823.jpg
次は、チャオプラヤー川を船で移動し、向こう岸にある黄金に輝く“暁の寺”ワットアルンへ。
d0172270_11243539.jpg
残念なことに、修復工事中でした。
d0172270_1125479.jpg
カビや腐食、コンクリートの劣化、破損などの修復だそうです。
d0172270_11251065.jpg

仏塔には登ることはできませんが、見学は可能でした。
d0172270_11261830.jpg
d0172270_11264237.jpg
巨大な2体の鬼(タイ語で“ヤック”)の門番に両脇をがっちりと守られた本堂。
中には、120体の仏像がずらりと並んだ回廊があり、本尊には、ラーマ2世の遺骨が納められているのだそうです。
d0172270_1127738.jpg
修復され、美しく蘇った仏塔を見に、また訪れたいです。

夕食は、「タイスキ」
d0172270_11283469.jpg
タイスキは、日本のすき焼きとは全然違って、野菜たっぷりのヘルシーお鍋でした。
野菜の他にも、肉団子を海苔で巻いたもの、海老やタコなどの海鮮、油揚げなど、たっぷりの具材。
d0172270_11291498.jpg


具材が煮えたところで、豚肉をしゃぶしゃぶ。
d0172270_11293436.jpg
d0172270_11294065.jpg
↑の方の写真左下に写っているパクチー入りのタレにつけていただきます。
(一緒についてくるニンニクや緑の唐辛子を好みに合わせてタレに混ぜ合わせ、自分の好みにタレを作ります。)
こちらもタイを代表するおすすめの料理、はずせません。

食後、腹ごなしに、アジアティーク ザ リバーフロントを散策。
d0172270_11312499.jpg
チャオプラヤー川沿いにある巨大なナイトマーケットです。
観光客向けのアジア雑貨やお土産店、バンコクで人気のファッションや雑貨などの小売店1,500店に加え、約40店のレストランが揃っています。

夜遅くまで、大変な賑わいを見せていました。
d0172270_11313077.jpg
d0172270_11313680.jpg

2015年 12月 11日 *
相変わらず、余裕のない日々です(^-^;
でも、明日明後日と控えているイベント(明日はクリスマスコンサート、日曜日はアンサンブル大会)が終われば、とりあえず年内の行事はすべて終了!!
毎晩あった練習からも解放されます!
慰労会&忘年会が2晩続きますが、ウコンを片手に頑張りまーす!!


さて、8月に行ったバンコク旅行記の続きです(^-^;

昼食は、フーマンラオレストランにて飲茶でした。
d0172270_17135877.jpg
ブッフェのはずだったんだけど、爆発事件後キャンセルが相次だために不可。
その代り、出てきた料理の中で気に入ったものを好きなだけお代わりしてくださいとのこと。
d0172270_1717521.jpg
ラッキー!って思ったけれど、最初の料理が出てくる、出てくる!
一通り食べただけで、お腹いっぱいになってしまいました^^
d0172270_17171119.jpg
d0172270_17171486.jpg
d0172270_17172035.jpg


昼食後、ワットプラケオ(エメラルド寺院)へ。
d0172270_17323131.jpg

仏堂の前には、大きなヤック(鬼)の像
d0172270_17324739.jpg
d0172270_17333629.jpg
d0172270_1734842.jpg
d0172270_17354697.jpg


建物は、荘厳に装飾されていて本当に美しいです。その豪華さに圧倒されます。
d0172270_1736359.jpg

金色の仏塔の台座を支えているのは半人半獣像で、神話に出てくる神だそうです。
d0172270_17361981.jpg
エメラルド寺院の名の由来にもなっているエメラルド・ブッダ(エメラルド仏)が安置されている本堂。
本堂の中は、撮影禁止です。
d0172270_17364152.jpg
d0172270_17365115.jpg

d0172270_1737210.jpg
d0172270_17371162.jpg
ワット・プラケオの隣は、「王宮」といわれている一帯。
西洋のルネッサンス方式とタイの伝統的な建築様式が合わさった建物は、宮殿です。
d0172270_17373646.jpg
d0172270_17374347.jpg

以前はやってなかったけれど、入口のところで持ち物検査が行われていました。
これも爆発事件の影響ですね。
でも、私たちはスルーでした。ガイドさんによると、日本人は信用されているんだとか。
他にも、「ジャパニーズ?」と聞かれ、「そうです」(思いっきり日本語で返事^^)と言うと、カメラを渡され、ジェスチャーで「撮ってくれ」と。
やたらな人にカメラを渡すと持ち逃げされてしまう危険性があるからでしょうか。

日本人、信用されているんですね。なんかちょっとうれしかったです。
ページトップ
The Original by Sun&Moon